*通院と育児サークルの友達*

朝、外科の定期通院。

乳がん手術から、4ヶ月経ちました。
傷の具合、
まだまだ痺れて感覚が薄いところはあるけれど、だんだんと良くなっています。

主治医の先生は、
どんな小さな不安や疑問も、
きちんと受け止めて下さる様な
とても穏やかな方なので、
安心して何でも相談できる感じで、
とてもありがたいと思っています。

それでも、
やはり、気持ちが突然ドーンと落ちたり、
なかなかコントロールできなかったり、
そういう時の為に、
院内に、がん患者さん達と、その家族を
サポートするところがあります。

同じ病気を患い、
同じ病気と闘う仲間との交流もある様です。

ドクターや、看護師さんから聞いたのではなく、
院内のあちこちに、紹介されています。


私は、今のところ、
そちらに足を運ぶ気持ちはないのですが、
どんなところか見てみたい気もしています。

足を運ぶ気持ちがないのは、
私が、その病気の事を、
ふだんは、なるべく忘れていたいから。

仲間を作るなら、
元気な人と接して、
まだまだ刺激をもらっていたいから。

がん患者さん、ごめんなさい。
サポートして下さる方、ごめんなさい。

だけど、関心はあります。

とりあえず、
次回の診察予約をもらいましたが、
2ヶ月後、それは、
術後半年になります。
ひと月ひと月、何事もなくてよかった、と、
普通の人は、当たり前に過ごす日々を、
とってもありがたいと思っています(*^^*)

ただいま、4ヶ月無事経過です(*^^*)


✩︎⡱✩︎⡱✩︎⡱✩︎⡱✩︎⡱

そのあと、
なーーんと、小倉と、山口市内からの友達が、
会いに来てくれました。

私がお気に入りの、
市内、イタリアンのお店『良‘s』を予約。

美味しいパスタランチを楽しみながら、
久しぶりに会ったとは思えない様なお喋り三昧。


ふたりとも、
子ども達が小さい時の、
育児のサークルの仲間。

小倉の友達が、高校時代の同級生で、
彼女が立ち上げた、育児サークルでした。
(名前は『あいうえお』)

今なら、SNSなどで、
リアルタイムで育児仲間と交流できるけれど。

当時は、
月一度のペースで冊子を発行していました。

各自が、近況と、テーマに沿った話題、
あとは、悩みなど自由に書き綴って。

表紙は、
やはり高校時代の同級生で保育士をしていた友達が、
絵本紹介をしてくれていました。

その冊子、66号まで続きました(*^^*)

帰ってから見てみると、
かなり懐かしかったです。

1号の絵本紹介は、ノンタン。

そして、
自分の理想とする母親像について、
書いていました(^^;;

いいかげん→良い加減…だって(^^;;



とっても懐かしかったです。

子育ては、振り返ると、
一生懸命さだけが勝ってしまって。
反省するところがいっぱいでした(^^;;

だけど、
このサークルのおかげで、
他の方の育児方法も見せてもらえて、
とてもありがたかったです。

特に私は、
母が早く亡くなったし、
きょうだいもいないので、
ありがたいサークルでした。

今日は、再会できて、
とても嬉しかったです(*^^*)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

むー

Author:むー
ゆるゆる主婦歴32年。
夫と実父と3人暮らし。
3人の子ども達(長男31歳・次男29歳・長女25歳)は我が家を出て、それぞれの道を歩んでいる。。。
私も細々とではあるけれど、ピアノ教師をしながら。大好きな広島カープ応援をしながら。趣味のトールペイントをしたり。編みものも始めました。
2016年・・・リウマチ診断。
2017年・・・乳がん手術。
・・・だけど、たくさんの笑顔で。。。(*^^*)
ゆっくりと、これからの人生を歩みたい。。。よろしくお願いします<(_ _)>

最新記事
最新コメント
カテゴリ
こんにちは
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
20302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
2108位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる